デントール 使い方

失敗しないデントールの正しい使用方法

デントールは歯周病の改善、歯槽膿漏の予防や改善に効果が
あるとされていますが、使い方がよくわからないと
思っていらっしゃる方もおられるでしょう。

 

デントールは歯周ポケットの奥の奥まで磨ける歯ブラシで、
ピストンと水流によって口の中の掃除をしていきます。

 

動き方をこのように説明しますと、操作が難しいのではないかと
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そのような事はありませんのでご安心ください。

 

最初に、デントールブラシの水タンクに水を入れて、
それから本体にタンクを載せます。この時に注意することは、
水道水以外は入れないということです。

 

それからブラシを指に当てつつ、少し痛い程度に水圧を調整して
ください。強く押し当てると止まるようになっている安全設計
ですから、初めてお使いになる時でも安心です。

 

ブラッシングをする時には、歯茎に近い歯面に斜めに当てて
ブラッシングするようにしてください。基本的なデントールの
使い方としてはこれだけです。

 

また、最初にデントールを使う時の注意点は、いきなり長時間
使い過ぎることがないようにするということですね。
初めはちょっと当ててみるだけというふうにしておいてください。

 

最初のころは歯茎に痛みを感じるということもありますから、
適度に休みながら、間隔を開けて使うということも、
デントールの使い方として重要です。

 

>>> 電気不要!強力ジェット水圧で歯の隙間や歯周ポケットを徹底洗浄方法の詳細はこちら